2008年11月25日

ヤッシー再び

昨日は、前の勤務校での卒業生が京都に来ているという連絡を受け、昼に会う。
世間は休日だったようだが、うちの大学は授業日で夕方授業だったのであまりゆっくり話しができなかったのが残念。

僕は、前任校では学生たちに「ヤッシー」と呼ばれていた。そうだった。
卒業生を前にしては僕は「ヤッシー」である。うん。

卒業してからの社会人としての苦労ばなしをいろいろ聞いた。

思い返せば、僕も学部を出て一旦デザイン事務所に就職したものの、1年足らずで辞めた。そしてふらふらしていた。
今言えることといえば、自分に合った思い通りの職場なんてない、ということである。それを本当に望むのであれば、自分でつくるしかない。

お金をもらう、とはどういうことか。
自分はこんなことをやろうとしている。でもそれを実現するスキルは自分にはない。だからそのスキルを持っている人にお金を払って頼むしかない。
ということは自動的に、お金をもらう方は、誰かの思いを肩代わりすることであって、お金をもらって自分の思い通りの仕事を達成することは原理的にはありえない。

お金をもらう、ということは自分じゃない誰かの思いを達成すること、であると思う。そこに、自分の意識は作動しない。

自分の思い・やりたいことを貫きながら、それなり以上のお金を得ることは凡人には不可能である。僕は凡人であることを自覚しているので無理である。

お金を得ること、自分のやりたいことを達成すること。僕は現段階ではその両方を得られていない。だからといって、僕より若い人たちに、「それは無理」と言うつもりはない。

僕にできなかったこと、今僕ができていないことを、うまくできる学生+卒業生が出てくることは、とっても幸せだと思う。だから僕に関わった学生みなさんの将来にはとても期待している。

でも、最初のうちはうまくいくはずなんかない。
大事なのは、短い、刹那で判断しないこと。時間の経緯のなかで見えてくることは確実にある。

はじめはツライことばかりである。僕もそうだった。

あきらめないでほしい。
今、あなたが直に感じていることは間違っていない。終わってはいない。むしろまだ始まってもいない。

また話しをしよう。僕はあなたたちの前ではいつまでも「ヤッシー」である。

OK,何の問題もない。





posted by kazar at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々

2008年11月24日

ゲスト講師と呼ばれて-02

専修大学での僕の授業に参加していただいた上平先生のブログで、授業内容についてご紹介いただいた。どうもありがとうございます。
kamihira_log:
「デザインの考え方を異分野に持ち込む」ー八重樫先生講演

そのなかでのおことば。
「休日出勤してでもこういう機会に勉強するのだ。」

これは非常にステキで深いおことばである。僕も見習いたい。

『学ぶ仕方』は、現に『学んでいる』人からしか学ぶことができない。教える立場にあるもの自身が今この瞬間も学びつつある、学びの当事者であるということがなければ子どもたちは学ぶ仕方を学ぶことができません。
(内田樹,街場の教育論,ミシマ社,2008,p.142)

僕らは、何かを「教える」のではなく、そう、何かを「教えた」と思っているのは思い上がりであることを十分に自覚しなければならない。
学生たちに何か伝えられることがあるとするなら、「自分が学んでいる姿を見せること」でしかない、と僕も思う。

僕らは「教える立場」であるが故に、自分自身が積極的に「学」ばなくてはならない。「学び」をとめた時、何かを「教える」ことも同時に停止する。だから、どんなに日々の雑用が多く押しつぶされても、僕は「学ぶこと」をやめることはできない。

ということを改めて認識しました。上平先生、ありがとうございます。



OK,何の問題もない。


posted by kazar at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2008年11月22日

ゲスト講師と呼ばれて

今日は、専修大学ネットワーク情報学部で授業。

望月先生教育支援情報システム総論のゲスト講師として呼ばれたため。

金曜まで授業でいっぱいいっぱいでヘロヘロしながら夜に東京へ移動。
新幹線の中で準備。ああ、この自転車操業から抜け出さなければ。
という間に、また次週がやってくる。嗚呼。

ネットワークを利用した(eラーニング)教材開発について話してほしい、というリクエストだったので、現在取り組み中の「厚生労働科学研究:若年看護師向け医療安全教育へのeラーニングの活用」について話す。

このブログでも今までいくつか取り上げてきた研究。
医療安全教育の研究

異境にて:相手のことばで、自分の考えを語ること。

僕はちゃんとしゃべれていたのだろうか?
僕のはなしのなかに、学生さんたちの学びを喚起する何かがあっただろうか?
望月先生が考える授業のコンテクストに合っていたのだろうか?

授業の後はいつも気持ちが悪い。
授業なんてこれまで何百回も行っている、のに。

この胸のモヤモヤは消えることがない。

「学び」とは何か。
それを「デザイン」するとはどういうことか。

まだ山は高く、海は限りなく広い。空は青い(?)。
そして僕はあまりにも小さい。

OK,何の問題もない。



posted by kazar at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々

2008年11月09日

はるさめBAR打ち上げ。

はるさめBAR打ち上げ。

P1000483.JPG


OK,何の問題もない。

posted by kazar at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

はるさめBAR

はるさめBAR。

P1000481-0.jpg


OK,何の問題もない。
posted by kazar at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2008年11月07日

2008年11月7日金曜日21時研究室現在

研究室に戻ってみると…。
明日から何かがあるらしい。

P1000276.JPG

P1000281.JPG


OK,何の問題もない。
posted by kazar at 21:51| Comment(5) | TrackBack(0) | 日々

2008年10月05日

チキンダイニング 隠りど

もう25年以上のつきあいになるラッシャーが店長を務めるお店が札幌・すすきのにオープン。僕もWebづくりに少し協力。

チキンダイニング 隠りど(こもりど)
札幌市中央区南4条西3丁目 第3グリーンビル7F

みなさんご贔屓に。

OK,何の問題もない。
posted by kazar at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2008年09月26日

異境にて:相手のことばで、自分の考えを語ること。

先週後半は、厚生労働省でプレゼン、附属高校で授業の2本立て。

この2つ。僕としては「異境でのプレゼン」という点で共通している。

厚生労働省でのオーディエンスは、厚労省研究部課の課長さんたち、厚労省関連部署で研修中の看護学校の先生たちなど、僕のふだんの生活ではそう会わない人たち。

一方で、高校生だってふだんそうは直接会わない。

プレゼンは、聞く人が「聴こえる」ようにしなければならない、と思っている。
こっちが自分の思いのたけを、自分のことばでしゃべるのはイケてない。

だから、いつもオーディエンスがだれなのか、ってことに非常にsensitiveになる(いつも全然そうは見えないかもしれないけど)。

僕は、プレゼンを事前にしっかり作り込むことはしない。セリフも台本も進行も事前に作り込まない。だって、その時にどんな人がいるのかは、その時になってみないとわからないから。その場の人たちの顔を見て、言うこと・話しのトーン・進行を変える。

自分がよくわかっている相手に、自分の考えをよく理解してくれる相手に、うまく話せたって、そんなの自明のことである。

異境でのプレゼン。
自分のよく知らない相手に、自分の考えをまだ知らない相手に、積極的に話していくこと。

でもそれは、周りが自分のことを知らないからといって、傍若無人に自分の考えをぶちまけることではない。
むしろ、自分の考えの背景を辿り、その脈略を引き受けなければならない。

そして、相手のことばで、自分の考えを語ること。

明日から後期の授業。
まだ、メディアやデザインにそう触れ合っていない経営学部・経済学部・理工学部の学生たちに、メディア・デザインについて語っていく。

OK,何の問題もない。


posted by kazar at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2008年09月19日

そしてまた。

先週は、数日オフにして、少しおとなしくしていた。

そしてまた、日常が帰ってくる。

今週前半は会議やら打ち合わせやら、いつもの通り。
後半は、また東京。厚生労働省で研究進捗の報告。
そして北海道。立命館慶祥高校で授業。

旅は続く。
Where Do We Come From? What Are We? Where Are We Going?
Paul Gauguin 1897

われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか
ポール・ゴーギャン 1897

OK,何の問題もない。

posted by kazar at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2008年09月07日

ライブが終わり、僕の心を取り戻すために。

ライブ(世間一般では、セミナー講演というらしい)は無事おわりました。
ご出席いただいたみなさんありがとうございました。

後にBEATのサイトにレポートがアップされるのでお楽しみに。

さて、休みなく続いたこの夏(というより、今年はじめからずっと働いていたような)もやっと一段落。明日から数日姿を消します。
(おいおい、私が頼んでいるシゴトは? と思っている方々、ちゃんとやります。ただし、新しいオーダーには数日お応えしませんので、ご容赦くださいませ。)

ちょっと休みます。僕の心を取り戻すために。

ブランキージェットシティ:僕の心を取り戻すために


OK,何の問題もない。少しのあいだ、ダスヴィダーニャ。

posted by kazar at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2008年08月31日

8月のセレナーデ

8月も終わってしまう。

夏休みに入る前、僕はゼミでこう言った。
「なんでもいい、思い切ったことをしてください」
と。

ゼミ生たちのブログの更新(ほとんどないけど)を見ると、意外にこのことばが意識されているようである。
ただ、「まだ思い切ったことができていない」というネガティブなリフレクションばかりではあるが。

+++

昨日は、ケイさんとアキコさんの結婚式+パーティに出席。
とてもすばらしい式とパーティだった。
集った人々が「祝ってあげなきゃいけない」ではなく、「自分もうれしい」という気持ちに溢れていた(少なくとも僕にはそう思えた)。

「形式」ではなく、「自分の気持ち」を優先して生きること。
ケイさんもアキコさんもそう思っている人たちである、たぶん。
そして、今回集った人たちもそう思う人たちだったのだろう。

+++

僕らは、これまでずっと、「形式」ではなく、「自分の気持ち」を優先してやってきた。
それを、「自由に・気ままに」と見る人も多い。
だけど、「自分の気持ち」を通すためには、周囲の理解を得なければならない。

僕らは、つまらない形式ではなく、その中身をしっかり持つために努めてきた。
固い意志を持ってそれを実現するよう、世の中の形式に抗って生きるための大きな努力。
自由に・気ままにという感覚とはほど遠い。

というような話しを、4次会くらいに、今は映像ディレクターをしているナガソエくんとしていた。

ケイさんもアキコさんもナガソエくんも、僕が美大にいたときに学生だった方々。パーティには他にもその代の同級生たちが集う。
「形式」ではなく、「自分の気持ち」を優先し、苦労して生きる人たち、が。

+++

この間観たDMC(デトロイト・メタル・シティ)の映画のオープニング映像が、何だかひどく印象に残っていた。

と思ったら、それを作ったのがナガソエくんだった。ああ、そうだったのか。
今度、僕の授業に来てもらおうと思う。

+++

「なんでもいい、思い切ったことをしてください」

思い切りの基準は自分の中にしかない。
自分の中で止まっている何かを、少しだけ思い切って進めてみること。

そう言った手前、今年の夏休みは思い切ったことばかりしている、僕は。

明日から9月。大学の夏休みはまだ続く。
OK,何の問題もない。


スガシカオ:8月のセレナーデ
(本文内容とはあまり関係ないけど。)





posted by kazar at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2008年08月30日

blond vacation

タスクいっぱいで全然休みがない。
でもね、せめて夏休み気分は味わいたい。
叶わぬ願いだろう、か。

今週は隠る作業が多く、人前にでる機会は少ないので、金髪にしてみた。
ボーズでキンパツはわれながら趣味が悪い。

といっても、打ち合わせ数件、来週末には講演があるんだよ、ね…。
OK,何の問題もない、maybe, all right.

posted by kazar at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2008年08月25日

それは雨のせいさ

東京から福山へ移動しようとしている。
が、新幹線は東海地方大雨のため大幅遅延中。東京駅で様子を伺うが、福山に辿り着くまでに何時間かかるかわからないので、あきらめて、空港へ。

というわけで、現在は羽田空港。

交通機関に影響があるほどの大雨。
今日も東京は気温が低い。寒いくらい、まだ夏だよね。

何かがまともじゃない。

マスメディアが煽る環境問題の言説はキライだ。
マスメディアの情報なんてそもそも作為的なものなんだから、別にそれはいい。

だけど、何かがまともじゃない現実を実感すると、どうも気になる。

この気持ちは、マスメディアの言説によってつくられた色眼鏡に冒されているだけなのか。

ただの雨のせい、ならそれでいい。

OK,何の問題もない。
posted by kazar at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2008年08月09日

これでいいのだ:追悼・赤塚不二夫氏

赤塚不二夫氏逝去の報を知った。

正直にいうと、これまで特に赤塚不二夫氏に心酔してきたわけではない。
しかし、タモリ氏の弔辞には心打たれた。
あなたの考えはすべての出来事、存在をあるがままに前向きに肯定し、受け入れることです。それによって人間は、重苦しい陰の世界から解放され、軽やかになり、また、時間は前後関係を断ち放たれて、その時、その場が異様に明るく感じられます。この考えをあなたは見事に一言で言い表しています。

すなわち、「これでいいのだ」と。


僕は、師匠から(勝手に)受け継いだ
OK,何の問題もない。
ということばを大事にしたい。
だってそれは、タモリ氏が赤塚氏に言っていることと同じじゃないか。

赤塚先生、ご冥福をお祈りいたします。

OK,何の問題もない。これでいいのだ。
posted by kazar at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2008年08月06日

激しい雨が

今、東京→京都へ帰る新幹線の中ですが、豪雨のため米原で止まっています…。

全然動く気配なし。
さて、いつ帰れるだろう?

THE MODS:激しい雨が


OK,何の問題もない。
posted by kazar at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2008年08月02日

終わりと始まりに踊るダメ人間

前期終了。そして気づかぬうちに7月も終了していた。
このブログ更新もままならぬまま、嗚呼、日々が過ぎていく。

前期終了は、「夏休み」への移行を意味しない。
授業モードが終わっただけである。

授業モードが終わったということは、研究モードへの移行を意味する。
そう、ここから研究モードの始まり。

放っていた論文を仕上げること。
開発中のシステムの見通しをつけること。
研究進捗を某省に報告すること。
これまでの研究成果を、とあるセミナーで講演すること。
今後の研究の見通しを整理すること。

さて、どこまでいけるだろうか?

といいつつ、先ほどすっかりダメ人間っぷりが発覚。
来週から1週間、集中講義だと思ってたのが、再来週からだったことがさっきTAさんに連絡したことで判明。あやうく明日東京に行くところでした。

僕:「来週の授業よろしくね。」
TAさん:「えっ、再来週からですよ。」
僕:「…」

…。
少し休もうか。

筋肉少女帯:踊るダメ人間


OK,何の問題もない。おごることなかれ。




posted by kazar at 23:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々

2008年06月11日

ロック歌手のようではない

今回は、ロック歌手のようではないみたいです。
上級生が学び方 助言:
YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/renai/20080611-OYT8T00262.htm

OK,何の問題もない。
posted by kazar at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2008年05月24日

エンジニアの痛み

といってもbmさんのような工学的職能に関するはなしではない。あしからず。

数年ぶりに新しい靴を買った。エンジニアブーツ。
いつもと同じじゃねーかとつっこまれるだろうけど、今回はスエードというところが、ちょっと違う。

ただこれがとてもなくカタい、イタい、フツーに歩けない。何の試練か罰ゲームか。大リーグ養成ギプスなみである(たぶん)。別に今さら、アスリートとしてプロもメジャーもメダルも日本新も目指すつもりはないのに。

そうだった。この最初の痛みを忘れていた。

でも、はきこむと、こんな痛みウソのようにすっかり忘れて身体の一部になる。
僕が今はいている黒のエンジニアはまだ3年強だけど、ウエスタンと編み上げはもう15年のつきあい。

080524.jpg


「おろしたてのブーツ、はきこむほどに…」
と、書いてみるとこっから人生をなぞった甘酸っぱいストーリーがいろいろ想起されそうで、背中が痒い。

何でもかんでも人生になぞるのは好きではない。

新しいブーツと、くたくたのブーツがそこにあるだけ。OK,何の問題もない。


posted by kazar at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2008年05月16日

立命館大学経営学部HPリニューアル

立命館大学経営学部のHPをリニューアルしました。
http://www.ritsumei.jp/ba/index_j.html
昨年度から刷新委員会メンバーとして携わり、情報アーキテクチャの整理に尽力してきた成果である。

スキンは大学共通のフォーマットであるので、今回の作業ではグラフィックデザインには貢献していないが、その分学部内情報の整理と、それらの情報を得るために関連組織の調整を行ってきた。

これからも本学部をよろしくお願いしますね。

OK,何の問題もない。

posted by kazar at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2008年05月05日

ロック歌手のようだ

と、書かれました。演歌歌手ではないらしい。
月刊 現代 2008年6月号
「株式会社・立命館」の挑戦−後編:拡大戦略の功罪
http://moura.jp/scoop-e/mgendai/

よろしければ、みなさんのこれまで培った「メディアリテラシー」を駆使して読んでみてくださいな。

記事全体の中での僕に関する記述部分の扱われ方、僕の記述部分内での構成と編集、それぞれに多様なイデオロギーと構造が背景にある。

さまざまな解釈において、無自覚に採用しているその枠組み。

なぜ「ロック歌手のようだ」と書かれるのか。
他にも多々取材され、採用されなかったインタビューや発言があっただろうに、なぜ「ロック歌手のようだ」が、この記事のなかで採用されるのか。

そんな大きな問いに立ち向かって、理解したふりをせず、くじけずに抗い続けるのが、「メディアデザイン」である、と思っている。

OK,何の問題もない。
posted by kazar at 23:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々