2010年01月28日

achievement #01

今年のシゴトの成果第一弾。

立命館大学 映像学部とベネッセ、ゲーム端末の学習利用を研究

立命館大学 映像学部(京都市、以下;立命館)と、株式会社ベネッセコーポレーション(岡山市、以下;ベネッセ)は2010年1月より「ゲームのユーザーインタフェースのメカニズムを活用した学習コンテンツ」に関する共同研究を開始します。

2009年12月、立命館慶祥中学校(北海道江別市)の1年生を対象に、ベネッセで開発・販売するニンテンドーDS®用教材ソフト、「得点力学習DS・中学理科」を用いた先行調査を実施し、ソフトの使用頻度と成績の間に関係がみられることなどを確認しました。(立命館大学経営学部 八重樫文准教授の分析による)今後、ソフトの使用履歴と成績・アンケート調査の結果をさらに分析することで、ゲームニクスの要素がどのような学習行動に結び付くかを研究し、研究成果を発表するとともに、共同で研究成果をもとにした新しい学習教材の開発を行う考えです。


OK,何の問題もない。
posted by kazar at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34978197

この記事へのトラックバック