2008年12月31日

ダラスへは行かなかった。

今年もあと数時間。

家の大掃除には未だ手が着かず。でもそれよりも、まず頭の中を大掃除せねば。いろんなものがトッチラカッタママである。全然何も片付いていない。うーん。

光陰矢の如し。

あっと言う間の一年だった。
でも、一年前のことは、はるかむかしのように思えて、全然覚えていない。矛盾してるね。日常はそんなにキレイに整合していない。

昨年末は何を考えていたっけ、と思いエントリを見返してみる。

来年末はダラスに行くことになる

そうだそんなことを書いていた。

ダラスには行かなかった。

何かを求めるときに、なぜか遠くの見知らぬ土地にその何かを求めてしまう。
隣の芝生は青い。

振り返れば、今年も多くのことを求めた一年だった。
それなりの成果を得たものもあったけど、多くはまだ進行中であり、乗り越えるべきたくさんの壁がたちはだかっている。課題は山積みである。

遠きに行くに必ず邇きよりす。

多くの課題に向かい、まずはしっかり落ち着いて自分の足元を固めるべきだろう。
ブレずに、僕ができる身近なことをしっかり行うこと。

頭のなかは全然片付いていない。
まずは手がつくところからやるしかない。

みなさん、今年も大変お世話になりました。
良いお年を。

OK,何の問題もない。


posted by kazar at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24992258

この記事へのトラックバック