2009年02月14日

How about CSR ?

東京にいる。

研究の打ち合わせと仕事の打ち合わせ。



シゴトをサポートしてもらっているYくんのipodが爆発したので、Apple storeにつきあう。

正確に言うとドカーンっていう爆発はしていない。

でも、昨日「ipodがふくらんでるんですよ」と見たら、確かにipodのお腹がぽっこり。
そして、今日「ついに爆発しました」と見たら、中の電池が異様に膨張して、筐体を突き破っていた。

で、銀座のApple storeへ。

僕らがクレーマー化するまでもなく、即現品交換。

お店の人から、
「かなり熱を発していたと思うんですけど、火傷や衣服の損傷はなかったですか?」
「変な煙はでませんでしたか?」
「煙を吸って体調を悪くしませんでしたか?」
など聴かれる。
確かにそんなことはなかったわけだから、Yくんは正直に別になかったと答える。

別にその担当者が悪いわけではないことは明白だし。
その対応に別段問題はないわけだし。
だから別にクレーマー化する意味はない。

購入して使い続けている製品が不具合をおこした。
購入者が製造・販売している企業に行き、現品交換してもらった。

CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)って何だろう?

★★

滞在先へ帰るための電車は、人身事故で大幅のダイヤ乱れ。

「次の電車はいつ発車できるかわかりません。この電車をご利用ください。」
というアナウンス。異常に混む車内。

とはいえ、都会の人たちにそんなに動揺する様子はない。
都会生活者にとって取るに足らない、いや、都会生活に必要なリテラシー。感覚を麻痺させること。

「お急ぎのところ、お疲れのところ、大変申し訳ございません。現在、人身事故の影響で大幅にダイヤが乱れております。」

もちろん、そのアナウンスをしている車掌のせいではない。電車の運営会社のせいでもない。そこで、乗客に対する配慮ってなんだろう。

CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)って何だろう?

★★★

僕は今、経営学部にいる。
CSRやそのマネジメントをやっていきたい、という志向の学生がいる。

CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)って何だろう?

考えること、またひとつ増える。

OK,何の問題もない。


posted by kazar at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々

2009年02月12日

not a desperado but a fool.

今さらだけど、ブログ再開ということで、今年の目標を立てようか。

「普通のことを、普通にすること。」

これが僕の今年の目標である。
普通のこととはほんとにフツーのことである。

歯をきちんと磨くこと。お風呂にきちんと入ること。
ちゃんと夜寝ること。他にもたくさんある。

これまで、こんな小学生でもできるだろう普通のことを疎かにしてきたように思う。
「普通のことを普通にできること」の偉大さに気づかない愚か者。

普通のことを普通にできないのは、ならず者ではない、ただの愚か者である。カッコ悪い。
大切なことにはいつも後から気づく。

あえて自分でなくてもよい他の誰もができることに、誰もが普通にできることに、最大の努力をしてみる。

OK,何の問題もない。
posted by kazar at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々

2009年02月08日

First of all

付属高校の授業で北海道にいる。

「まわりを見渡してみてほしい。デザインされていないものを見つけることができるだろうか。」

デザイン教育に携わる者なら、幾度となく口にする台詞かもしれない。
特に、専門的なデザインの文脈から外れたところで、デザインを語るための決めセリフとして有効なことばである。

今回の高校の授業も、この台詞からはじめた。

まわりを見渡してみる。そこにデザインされていないものは確かにない。

なのになぜ、僕らの生活はあまりいけてないんだろう。なぜこんなに不自由で、つらいんだろう。
だから、デザインを語るべき最初のことばとして、こういうべきなんだろうな。

「まわりを見渡してみてほしい。そこに『もうデザインが必要でないもの』を見つけることができるだろうか。」

確かに僕自身がいけてない。そんなことはわかっている。
まして、すべてが手放しに便利である腑抜けた生活を目指したいのではない。

でも、まだまだデザインすべきことはたくさんある。それは間違いないだろう。

デザインを学ぶ、とは、すでに終わってしまった「デザイン学」という教科書の内容を覚えることではない。教科書なるものがあるとすれば、その内容を常に書き換えていくことなんだろう。

OK,何の問題もない。
posted by kazar at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2009年02月07日

It was really nothing.

勝手ながら、1ヶ月以上このブログを休んでいた。
もうやめたのか、と思った人も少なくなかったかもしれない。

やめたわけではない。ただ休んでいただけ。

別になにか思うところがあったわけでもない。
理由なんてない。

今、ここにまた筆をとる。
理由なんてない。気が向いただけ。

OK,何の問題もない。


the smiths: William It Was Really Nothing.




posted by kazar at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々