2008年11月25日

ヤッシー再び

昨日は、前の勤務校での卒業生が京都に来ているという連絡を受け、昼に会う。
世間は休日だったようだが、うちの大学は授業日で夕方授業だったのであまりゆっくり話しができなかったのが残念。

僕は、前任校では学生たちに「ヤッシー」と呼ばれていた。そうだった。
卒業生を前にしては僕は「ヤッシー」である。うん。

卒業してからの社会人としての苦労ばなしをいろいろ聞いた。

思い返せば、僕も学部を出て一旦デザイン事務所に就職したものの、1年足らずで辞めた。そしてふらふらしていた。
今言えることといえば、自分に合った思い通りの職場なんてない、ということである。それを本当に望むのであれば、自分でつくるしかない。

お金をもらう、とはどういうことか。
自分はこんなことをやろうとしている。でもそれを実現するスキルは自分にはない。だからそのスキルを持っている人にお金を払って頼むしかない。
ということは自動的に、お金をもらう方は、誰かの思いを肩代わりすることであって、お金をもらって自分の思い通りの仕事を達成することは原理的にはありえない。

お金をもらう、ということは自分じゃない誰かの思いを達成すること、であると思う。そこに、自分の意識は作動しない。

自分の思い・やりたいことを貫きながら、それなり以上のお金を得ることは凡人には不可能である。僕は凡人であることを自覚しているので無理である。

お金を得ること、自分のやりたいことを達成すること。僕は現段階ではその両方を得られていない。だからといって、僕より若い人たちに、「それは無理」と言うつもりはない。

僕にできなかったこと、今僕ができていないことを、うまくできる学生+卒業生が出てくることは、とっても幸せだと思う。だから僕に関わった学生みなさんの将来にはとても期待している。

でも、最初のうちはうまくいくはずなんかない。
大事なのは、短い、刹那で判断しないこと。時間の経緯のなかで見えてくることは確実にある。

はじめはツライことばかりである。僕もそうだった。

あきらめないでほしい。
今、あなたが直に感じていることは間違っていない。終わってはいない。むしろまだ始まってもいない。

また話しをしよう。僕はあなたたちの前ではいつまでも「ヤッシー」である。

OK,何の問題もない。





posted by kazar at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々

2008年11月24日

ゲスト講師と呼ばれて-02

専修大学での僕の授業に参加していただいた上平先生のブログで、授業内容についてご紹介いただいた。どうもありがとうございます。
kamihira_log:
「デザインの考え方を異分野に持ち込む」ー八重樫先生講演

そのなかでのおことば。
「休日出勤してでもこういう機会に勉強するのだ。」

これは非常にステキで深いおことばである。僕も見習いたい。

『学ぶ仕方』は、現に『学んでいる』人からしか学ぶことができない。教える立場にあるもの自身が今この瞬間も学びつつある、学びの当事者であるということがなければ子どもたちは学ぶ仕方を学ぶことができません。
(内田樹,街場の教育論,ミシマ社,2008,p.142)

僕らは、何かを「教える」のではなく、そう、何かを「教えた」と思っているのは思い上がりであることを十分に自覚しなければならない。
学生たちに何か伝えられることがあるとするなら、「自分が学んでいる姿を見せること」でしかない、と僕も思う。

僕らは「教える立場」であるが故に、自分自身が積極的に「学」ばなくてはならない。「学び」をとめた時、何かを「教える」ことも同時に停止する。だから、どんなに日々の雑用が多く押しつぶされても、僕は「学ぶこと」をやめることはできない。

ということを改めて認識しました。上平先生、ありがとうございます。



OK,何の問題もない。


posted by kazar at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2008年11月22日

ゲスト講師と呼ばれて

今日は、専修大学ネットワーク情報学部で授業。

望月先生教育支援情報システム総論のゲスト講師として呼ばれたため。

金曜まで授業でいっぱいいっぱいでヘロヘロしながら夜に東京へ移動。
新幹線の中で準備。ああ、この自転車操業から抜け出さなければ。
という間に、また次週がやってくる。嗚呼。

ネットワークを利用した(eラーニング)教材開発について話してほしい、というリクエストだったので、現在取り組み中の「厚生労働科学研究:若年看護師向け医療安全教育へのeラーニングの活用」について話す。

このブログでも今までいくつか取り上げてきた研究。
医療安全教育の研究

異境にて:相手のことばで、自分の考えを語ること。

僕はちゃんとしゃべれていたのだろうか?
僕のはなしのなかに、学生さんたちの学びを喚起する何かがあっただろうか?
望月先生が考える授業のコンテクストに合っていたのだろうか?

授業の後はいつも気持ちが悪い。
授業なんてこれまで何百回も行っている、のに。

この胸のモヤモヤは消えることがない。

「学び」とは何か。
それを「デザイン」するとはどういうことか。

まだ山は高く、海は限りなく広い。空は青い(?)。
そして僕はあまりにも小さい。

OK,何の問題もない。



posted by kazar at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々

2008年11月10日

Refsignはじめました。

京都のデザイン会社エニアックインターナショナルの佐野さんが中心となって立ち上げられた「Refsign」というサイトで、僕もブログ執筆をはじめました。
Refsign
デザインマガジン
ネットとリアルの融合。
http://www.refsign.net/

ブログ執筆陣は、京都のデザイン実践者たちが名を連ねています。

僕はここにどのように関わっていけるだろうか?

僕自身も楽しみにしています。Refsignのエントリも今後楽しみにしてください。

OK,何の問題もない。


posted by kazar at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア・デザイン

2008年11月09日

はるさめBAR打ち上げ。

はるさめBAR打ち上げ。

P1000483.JPG


OK,何の問題もない。

posted by kazar at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

はるさめBAR

はるさめBAR。

P1000481-0.jpg


OK,何の問題もない。
posted by kazar at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2008年11月08日

UK with JP 〜2 way love 完成披露特別上映会〜

昨年より進めてきた僕の担当授業(松任谷先生@ロンドンとの共同担当)でのひとつの成果が、今日開催される。

学生たちはこれまでよくやったと思う。特にこれだけの協賛・後援・ゲスト出演を自力でとりつけてきたのはエラい。スゴい。ステキ。

「やる気」だけで突き進んだ学生たちに、ご賛同・ご協力いただいたみなさまに厚く御礼申し上げます。

UK with JP〜2 way love 完成披露特別上映会〜

日時:2008年11月8日(土) 12:00〜13:30
場所:立命館大学びわこ・くさつキャンパス
セントラルアーク1F ドリームクロスステージ
ゲスト:KOKIA甲斐名都

企画概要:
立命館大学プロジェクト研究会がプロデューサーとなり京都造形芸術大学とロンドンカレッジ・オブ・コミュニケーションの学生で映像を制作した。
本イベントで完成作品を初披露する。映像のテーマは「2 way love」。
1 way love(片想い)の造語で「想いを伝えることの難しさ」を表現している。
イベントや映像を通してコミュニケーションの重要性や愛のあり方について問いかけることを目的にしている。

関連HP:
URL:http://ukwithjp.com/
Blog:http://ameblo.jp/uk-japan2008-collavo/

OK,何の問題もない。
posted by kazar at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業

2008年11月07日

2008年11月7日金曜日21時研究室現在

研究室に戻ってみると…。
明日から何かがあるらしい。

P1000276.JPG

P1000281.JPG


OK,何の問題もない。
posted by kazar at 21:51| Comment(5) | TrackBack(0) | 日々