2008年10月13日

学会にて

いろいろな人に会い、いろいろな話しをした。

そしていろんなことを考える。
少し落ち着いて「考えて」みる。

毎年学会大会として確保された3日間、他の仕事は置いておいて、研究だけについてじっくり考えることにしている。

現在の自分の研究の位置づけ。
そしてこれからの位置づけ。

★☆☆

数ある研究発表のなかで、今回僕を捉えたのは、
教育工学会における「教育工学」の捉え方・教育工学が問うものは何か・教育工学を研究するために適切な方法論が適用されてきたのか、など、
学会の、そして学問のアイデンティティを問い、学会活動をメタな視点から問うような内容の研究。

★★☆

僕は、「デザイン」の研究者である。
「デザインの知見を、まだあまりデザインの考え方が浸透していない分野に持ち込んで、その有用性を示すこと」を目的に活動を続けている。

デザインとは何で、デザインとは何でないのか。

★★★

教育工学のなかでも、たくさんの「デザイン」ということばが使われている。

教育工学のなかでの「デザイン」とは何を意味し、何を意味していないのか。

そしてこの問いは、教育工学のアイデンティティを問うことに、どれくらいシリアスなものなのか。
考えてみる必要があるのかもしれない。

OK,何の問題もない。
posted by kazar at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 研究

2008年10月10日

上越へ

これから日本教育工学会第24回全国大会参加のために、上越へ向かいます。

交通の手配がギリギリでうまく都合よい時間のがおさえられず、京都0:02発-直江津5:56着の急行きたぐにで行くことに。

早朝に着いてどうしようか?
でもマニアックな電車に乗れることはちょっと楽しみ。

という前に、もちろんまだ発表準備できておらず。
まずは身体だけは何とかちゃんと辿り着くよ、たぶん。

OK,何の問題もない。といいな。
posted by kazar at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究

2008年10月08日

グッドデザイン賞受賞

情報学環・福武ホールが、おかげさまで2008年度グッドデザイン賞を受賞しました。

建築物の特性ではなく、
どのような活動(Activity)をデザインしているか、
というアプローチ。

関係のみなさん、お世話になりました。ひとつの成果としてかたちになったことをうれしく思います。

OK,何の問題もない。
posted by kazar at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | メディア・デザイン

2008年10月05日

開発合宿3

開発合宿終了。みなさんおつかれさま。

何とか目処はついた。次のヤマは年末。

081005.jpg
(写真はbmさんより拝借)

今週末は新潟で学会。一息もつかず。

OK,何の問題もない。
posted by kazar at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究

開発合宿2

作業は続く。

081005_130353.jpg

OK,何の問題もない。
posted by kazar at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究

開発合宿

ある案件のシステム開発合宿で、都内某所にて泊まり込み中。

081005_053259.jpg


OK,何の問題もない。
posted by kazar at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究

チキンダイニング 隠りど

もう25年以上のつきあいになるラッシャーが店長を務めるお店が札幌・すすきのにオープン。僕もWebづくりに少し協力。

チキンダイニング 隠りど(こもりど)
札幌市中央区南4条西3丁目 第3グリーンビル7F

みなさんご贔屓に。

OK,何の問題もない。
posted by kazar at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2008年10月02日

BEAT Seminar Report:プロジェクト学習が大学を変える

この間出演したライブ(登壇したセミナーともいう)のレポートがあがったので、紹介。このWeb記事の編集は僕がやってるので、今回は自作自演(?)。

BEAT Seminar Report 2008年度 第2回:
プロジェクト学習が大学を変える


近年、大学卒の人材は、専門的知識や思考力に加え、実践的な能力(コミュニケーション能力やプロジェクト遂行能力)も求められるようになってきています。大学でこれらの能力を育てるためには、どうすればよいのでしょうか。

その答えの一つとして、「プロジェクト学習(PBL: Project Based Learning または Problem Based Learning)」が注目されています。

今回は、基調講演として、金沢工業大学の久保猛志先生に「金沢工業大学における教育改革への取り組み」をご紹介いただきました。次に、実践事例として、聖路加看護大学の森明子先生に「看護教育におけるプロジェクト学習の実践」を、立命館大学の八重樫文先生に「デザイン系教育におけるプロジェクト学習の実践」を紹介していただき、フロアとディスカッションを深めました。


OK,何の問題もない。
posted by kazar at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究