2008年05月24日

エンジニアの痛み

といってもbmさんのような工学的職能に関するはなしではない。あしからず。

数年ぶりに新しい靴を買った。エンジニアブーツ。
いつもと同じじゃねーかとつっこまれるだろうけど、今回はスエードというところが、ちょっと違う。

ただこれがとてもなくカタい、イタい、フツーに歩けない。何の試練か罰ゲームか。大リーグ養成ギプスなみである(たぶん)。別に今さら、アスリートとしてプロもメジャーもメダルも日本新も目指すつもりはないのに。

そうだった。この最初の痛みを忘れていた。

でも、はきこむと、こんな痛みウソのようにすっかり忘れて身体の一部になる。
僕が今はいている黒のエンジニアはまだ3年強だけど、ウエスタンと編み上げはもう15年のつきあい。

080524.jpg


「おろしたてのブーツ、はきこむほどに…」
と、書いてみるとこっから人生をなぞった甘酸っぱいストーリーがいろいろ想起されそうで、背中が痒い。

何でもかんでも人生になぞるのは好きではない。

新しいブーツと、くたくたのブーツがそこにあるだけ。OK,何の問題もない。


posted by kazar at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2008年05月19日

初等教育におけるメディア・リテラシー教育用リソースおよびリソースガイドの開発

以下の研究報告サイトを公開しました。
日本学術振興会科学研究費補助金 
基盤研究(B)(一般)

「初等教育におけるメディア・リテラシー教育用リソースおよびリソースガイドの開発」

研究代表者:三宅正太郎 (福山大学人間文化学部)

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jaems/ml07/

研究分担者として微力ながら参加させていただきました。

OK,何の問題もない。
posted by kazar at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究

2008年05月16日

立命館大学経営学部HPリニューアル

立命館大学経営学部のHPをリニューアルしました。
http://www.ritsumei.jp/ba/index_j.html
昨年度から刷新委員会メンバーとして携わり、情報アーキテクチャの整理に尽力してきた成果である。

スキンは大学共通のフォーマットであるので、今回の作業ではグラフィックデザインには貢献していないが、その分学部内情報の整理と、それらの情報を得るために関連組織の調整を行ってきた。

これからも本学部をよろしくお願いしますね。

OK,何の問題もない。

posted by kazar at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々

2008年05月08日

基礎演習I-05

先週から、3週かけて、
「1年後に流行るモノ・コトを 考えてみよう」
というテーマで、グループディスカッションと発表準備を進めている。

今日はその2回目。
先週のブレストででた多様な意見をどのようにまとめるか、収斂的思考法を身につけることが目的。
KJ法の概念をふまえ、ブレストででた意見をカテゴライズ・マッピングする作業を行う。そして、そこからの「1年後に流行るモノ・コト」を考察してみる。

次回は各グループの成果を発表する。
発表にあたっての条件は、
「つまらない発表はしないこと」。

プレゼンは、スライドの作り方やその構成などの技術から入らなくてよい、と思う。

「自分たちの考え・意見を、ステキに 魅力的に 伝えるためにはどうしたらよいか」
これをつめていけば、自ずと必要な構成がみつかるはずである。パワポをつくることがプレゼンの準備ではない。

発表は、今度の月曜夜のクラス合宿にて行われる。各グループの発表を楽しみにしている。

OK,何の問題もない。


posted by kazar at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業

2008年05月07日

3回生-05

今日はゲストトーク。

今年は、製品開発の西川先生ゼミと共同で、半期で4回ほどゲストを招くことにした。
現場の方々に触れることは貴重な機会となるだろう。ただ、ありがたがってはなしを聞くだけでは、何もならないことは言うまでもない。そのために、質疑の時間を多く持ち、懇親会も企画し、直接ゲストを触れ合う機会を多くしている。

今回は、電通のマーケティング担当の宮脇さんをお招きし、広告代理店のお仕事についておはなしいただく。

質疑も活発に行われる。事後の懇親会も盛況。
今後も継続して実施します。

このブログをご覧の企業の方々で、うちの学部ゼミでお話ししていただける方はぜひご一報ください。

OK,何の問題もない。
posted by kazar at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業

4回生ゼミ-05

前回は構造主義と記号論のはなしだったので、今日はデザイン論のはなし。
まずは前提として、デザインの一般的な解釈と、近代デザイン概念の成立を追う。

詳しくは以下を参照してください。
現代社会におけるデザイン概念の考察
A study on the concept of design in contemporary society

福山大学人間文化学部紀要
Journal of the Faculty of Human Cultures and Sciences, Fukuyama University
Vol.6(20060301) pp. 123-133
福山大学

http://ci.nii.ac.jp/naid/110006198226/


OK,何の問題もない。
posted by kazar at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業

2008年05月05日

ロック歌手のようだ

と、書かれました。演歌歌手ではないらしい。
月刊 現代 2008年6月号
「株式会社・立命館」の挑戦−後編:拡大戦略の功罪
http://moura.jp/scoop-e/mgendai/

よろしければ、みなさんのこれまで培った「メディアリテラシー」を駆使して読んでみてくださいな。

記事全体の中での僕に関する記述部分の扱われ方、僕の記述部分内での構成と編集、それぞれに多様なイデオロギーと構造が背景にある。

さまざまな解釈において、無自覚に採用しているその枠組み。

なぜ「ロック歌手のようだ」と書かれるのか。
他にも多々取材され、採用されなかったインタビューや発言があっただろうに、なぜ「ロック歌手のようだ」が、この記事のなかで採用されるのか。

そんな大きな問いに立ち向かって、理解したふりをせず、くじけずに抗い続けるのが、「メディアデザイン」である、と思っている。

OK,何の問題もない。
posted by kazar at 23:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々

2008年05月01日

基礎演習I-04

今回から3週かけて、
「1年後に流行るモノ・コトを 考えてみよう」
というテーマで、グループディスカッションと発表を行うことにする。

発散的思考方法(ブレスト)、収斂的思考方法(KJ法・カテゴライズ・マッピング)、プレゼン、他者・相互評価を1回ちゃんとやってみようという目論み。

今回はまず、「今流行っているモノ・コト」をグループでブレインストーミングしてみる。

この基礎演習クラスでは、新入生が円滑に大学生活になじみ、大学での学びにスマートに入っていけるようにサポートする役目として、「オリター」と呼ばれる先輩学生がついてくれている。

今日の授業では、そのオリターの取り組みについて某新聞の取材をうける。6月の全国紙で、うちのクラスのオリターさんが大々的に取り上げられる予定。どのように書かれるか、お楽しみに。

OK,何の問題もない。


posted by kazar at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 授業